すべての特産品 一覧

レ・レスポンション (Les responchons)

小さい野性のアスパラガスに似た貴重な野生のハーブ食材。タミエ人の方言(タムス・コミュニス)で別名“打たれた女性のハーブ”とも呼ばれ、イグチなどの森や草原に育つ野菜食材よりも高く評価されている。タルヌ(Tarn)の特産品で、レスポンジュー、レスポンスーまたはレポンスーとも称される。

テーマ
  • 果物・野菜
  • 伝統工芸品

ギャイヤックワイン 南東ワイン (Les vins de gaillac – vin du sud-ouest)

ボルドー(Bordeaux)とラングドック・ルシヨン(Languedoc Roussillon)のブドウ園との間にある、アキテーヌ(Aquitaine)/ミディ・ピレネー(Midi-Pyrénées)地方は、南東ワインと呼ばれるグループに分けられた多様なブドウ園の寄せ集めを通して、ワイン醸造の資質を保つ術を知った。
ドルドーニュ(Dordogne)の河岸〜ロ(Lot)の谷、バスク(Basque)地方〜ガスコンニュ(Gascogne)地方・アジュネ(Agenais)、そしてマスィッフ・ソントラール(Massif Central)の南〜タム(Tam)の丘まで、ガロンヌ(Garonne)の縁に沿って続く段丘はトゥルーズ(Toulouse)の出入り口まで続く。これら南東のワインは、すべて長く豊かな歴史があり、ワインや典型的な蒸留酒など、特殊なブドウ品種の壮大なコレクションとの出会いが待っている。

テーマ
  • ワイン

ル・カスレ (Le cassoulet)

南西地方を象徴する風味豊かで元気が出る名物料理。白インゲン豆を長時間、とろ火で煮込み、ガチョウやカモのコンフィ(オイル煮)、ブタの皮、ラード、ブタのすね肉、ソーセージ、羊、子羊、ヤマウズラなどを加える。地方により多少具材は変わるが、トマトやニンジン、ポロネギ、セロリ、ニンニクなども入っている。赤ワインと一緒に供するのが一般的。



テーマ
  • 伝統工芸品

フォワグラ (Le foie gras)

フォワグラはガチョウとカモの肥育によって生まれ、そのフレッシュな肝臓を元にした名産品。新鮮なフォワグラは、鳥類の飼育によって生まれた農産物で、特に焼いたフォワグラはこの土地きっての名物食材。

テーマ
  • ジビエ・肉
  • 伝統工芸品