すべての特産品 一覧

ケルシー産トリュフ (La truffe du quercy)

ロット県の“黒いダイヤモンド”トリュフ。フォワグラ、パテ、家禽(七面鳥、ガチョウ)に繊細な香りをつけるこのトリュフは、スクランブルドエッグやオムレツ、パイ包み、クリームソースなど、色々な料理に使われ、ワンランク上の味を提供する。一方でシンプルに、そのまま塩だけで楽しむ愛好家たちも多い。

テーマ

    サフラン (Le safran)

    アヤメ科クロッカス属の花を乾燥させて作る世界で最も高価な香辛料。ひとつの花から穫れる量が非常に少なく、500gのサフランを得るために、約20万本の花が必要と言われる。カルンナックのあるロット県は、サフランの産地としても知られ、10月中旬〜11月中旬まで、サフラン畑では薄紫色の花が咲き乱れる。この希少なサフランは、料理の色づけや風味づけのほか、染料やお茶などにも利用される。


    テーマ

      ケルシー産クルミ (La noix du quercy)

      ケルシー地方における、名産品のひとつがクルミ。この地方ではクルミから油を搾り、クルミワインやクルミ水などの飲み物が作られるほか、パンやケーキ、料理などにも頻繁にこのクルミが使われる。



      テーマ
      • 果物・野菜

      ケルシー地方農場産の子羊 (L’agneau fermier du quercy)

      ケルシー地方で生産される、目の周りに“黒いメガネ”模様のある羊(別名“メガネをかけたガスコーニュ地方の人”とも呼ばれる)。フランスで最初に品質保証ラベルが付けられたこの羊は、その飼育方法がポイント。主に母羊の乳を飲ませ、足りない部分は穀類を基本とした飼料で補うことで、ピンク色の美しい肉になるだけでなく。食べたときも口でとろけるような味わいになる。そのおいしさは世界中でも広く知られるほどだ。

      テーマ