すべてのスポット 一覧

ラ・バスティード・クレーランスの家の建築 (Les maisons)

所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB

白い壁に、緑と赤のコロンバージュが特徴的
この村の家の建築方法は、主に2つのタイプに分けられる。石灰で白く塗られた外壁に、緑と赤のコロンバージュ(梁と柱の木組み構造)を有するラブール様式の家屋と、玄関がアーチ形で、開口部の外枠が石製のナバレ様式の家屋。特に有名なのが、前者だ。

テーマ
    料 金
    OPEN
    CLOSE

    聖母被昇天ノートルダム寺院と墓地 (L’église notre dame de l’assomption et son cimetière)

    所在地
    Place de l'église, 64240 La Bastide Clairence
    電 話
    FAX
    MAIL
    WEB

    独特の建築方法が象徴的な威厳に満ちた建物
    村全体を見渡す場所にある威風堂々とした寺院は、14世紀に建立され、1776年に再建。その建築方法と技法は独特で、中でも重量感のあるどっしりした鐘楼の形と建物を取り囲む通路はバスク地方の他の教会とは大きな違いがある。併設された墓地は屋根があるのが特徴的で、もともとは財の大小に関わらず、この土地に居を構える全世帯がこの墓地を使っていた。現在では、当時の使用者の子孫のみが使用する。

    テーマ
    • 史跡・遺跡
    料 金
    OPEN
    CLOSE

    カゴ(被差別民)の入口 (la porte des cagots)

    所在地
    Située sur le mur latéral gauche de l'église
    電 話
    FAX
    MAIL
    WEB

    非差別民の苦悩を今に伝える
    被差別民の中でもさらにひどい差別を受けていたのが、カゴと呼ばれる住民の集団で、中世にはヨーロッパの各地、ことピレネー地方に多く存在した。その起源は未だに分かっておらず、差別の理由はさまざまな説がある。彼らは教会に入る時は正面の入り口でなく、側面の小さな出入り口から入らねばならず、また教会の中でも入隅に追いやられ、聖水盤とパンの籠も別に用意されるなどの差別を長い間、強いられていた。彼らがようやく一般の市民と同等の権利を持つことができるようになったのはフランス革命後のことだ。

    テーマ
    • 史跡・遺跡
    料 金
    OPEN
    CLOSE

    クレーランス ノートルダム礼拝堂 (La Chapelle Notre Dame de Clairence)

    奇跡的な効能を有する泉跡地に建立された礼拝堂
    1886年、奇跡的かつ超自然的な効能を有するとされた泉の跡地に、ひとりの村の住民が建立した礼拝堂。特に皮膚感染症や眼病に効能があると言われており、それをありがたく思った女性たちは、聖母マリアに宝石類を捧げ、二度と身にまとわないと誓ったと言う。建物全体の修復の費用も、一般の寄付で賄われたほど、村の人々にとっては重要な礼拝堂となっている。
    [閉じる]
    1886年、奇跡的かつ超自然的な効能を有するとされた泉の跡地に、ひとりの村の住民が建立した礼拝堂。特に皮膚感染症や眼病に効能がある ...[すべてを表示]

    テーマ

      クレーランス ノートルダム礼拝堂 (La Chapelle Notre Dame de Clairence)

      Data
      所在地
      電 話
      FAX
      MAIL
      WEB
      http://www.fondationpatrimoine-aquitaine.com/fondation_fiche.php?id_article=55
      料 金
      OPEN
      CLOSE

      すべてのDataを見る

      フロンチス (Le Fronton)

      所在地
      64240 - La Bastide-Clairence
      電 話
      FAX
      MAIL
      WEB
      http://www.frontons.net/fronton/64240-la-bastide-clairence-france-367.html

      テニスの原型「ペメタ」競技用の打ち壁
      11世紀に始まったテニスの原型とされる球技、ペメタは、ラケットなどを使い、ボールを壁に打ち合うスポーツ。フロンチスはペメタを行う際、球を打ち付ける正面の壁のこと。


      テーマ
      • 史跡・遺跡
      料 金
      OPEN
      CLOSE

      ラ・バスティード・クレーランスの共同洗濯場 (Le lavoir)

      所在地
      電 話
      FAX
      MAIL
      WEB

      フランスではおなじみ、共同洗濯場
      フランスの各地で見られるかつての共同洗濯場。ラ・バスティード・クレーランスでは、ジョユーズ川沿いに設けられている。

      テーマ
      • 史跡・遺跡
      料 金
      OPEN
      CLOSE

      ユダヤ教墓地 (Le cimetière israélite)

      所在地
      64240 - La Bastide-Clairence
      電 話
      FAX
      MAIL
      WEB

      地中海沿岸諸国のユダヤ人難民墓地
      地中海沿岸諸国のユダヤ人難民専用の墓地。16 世紀後半、スペインと、特にポルトガルからの難民である地中海沿岸諸国のユダヤ人たちは、バイヨンヌと近隣の村々に散らばって居住していた。しばしばポルトガル人と呼ばれたこのユダヤ人たちは、17世紀には70〜80世帯を数え、行政体台帳に「ユダヤ民族」という名称で記されたほど。彼らは自治的性格を有する共同体として生活し、17世紀の初頭に使われ始めたキリスト教墓地とは別の墓地を使っていた。

      テーマ
        料 金
        OPEN
        CLOSE