すべての特産品 一覧

ル・ルブロション (Le reblochon)

サヴォア地方とボルヌ山系を代表するチーズ、ルブロションは直径14cm、高さ3〜4cmの円筒形で、重さは500gほど。火を通さずに作る象牙色の中身が、オレンジがかった黄色い表面で覆われており、中身はなめらかで風味豊か。

テーマ
  • チーズ

サヴォア地方のフォンデュ (La fondue savoyarde)

サヴォア地方でおなじみなのがフォンデュ料理。中でもボーフォール, ルブロション, コンテは、フォンデュチーズの”女王”と呼ばれる。その作り方は、カップ一杯の白ワインと細かくしたチーズを、にんにくをこすりつけておいたフォンデュ鍋に入れ、チーズが完全に溶けるまで木のスプーンで混ぜるというもの。とろりと溶けたチーズソースにパンを絡めて食べる。土地の人たちは、少なくなったチーズでグラタンを作ったり、卵を割り入れてオムレツのようにするなど、最後までその味わいを楽しむ。


テーマ
  • チーズ

湖のニジマス (La truite lacustre)

湖で穫れるニジマスは、赤みがかった身を持ち、キタイワナやフェラのように料理される。サヴォア地方の川の小ぶりなサケとはまた風味が違って、珍重されている。生のまま、また燻製にして食べることもある。


テーマ
  • シーフード