すべてのスポット 一覧

ヴィルフランシュ・ド・ルエルグ (Villefranche de Rouergue)

所在地
Promenade du Guiraudet - 12202 Villefranche de Rouergue Cedex
電 話
05.65.45.13.18
FAX
MAIL
WEB
http://www.villefranche.com

中世の城砦都市
この城砦都市が誕生したのは1252年。中世の建造物が今も残り、アヴェロン県有数の観光地となっている。14世紀に架けられたコンスル橋を渡って市内へ。中心部のノートル・ダム広場に市内の幹線道路がすべて集まっていて、アーケードとルネサンス様式の瀟洒な建物が広場を囲んでいる。広場の近くにはゴシック様式の堂々たる参事会管理教会があり、高さ59mの鐘塔玄関が目を引く。17世紀に黒色苦業会が建造したバロック様式の礼拝堂も素晴らしい。

〈アクセス〉
D901号線でサンシプリアン(St-Cyprien)を通過後、ドゥカズヴィル(Decazeville)方面へ向かい、オーバン(Aubin)、モンバザン(Montbazens)、ベレア(Bel-Air)、ラニュエジュール(Lanuéjouls)を経由してヴィルフランシュ・ド・ルエルグまで。コンクから60km、車で約1時間。

テーマ
  • 古城・城塞
  • 歴史的建造物
料 金
OPEN
CLOSE

グラン・ヴァーブル (Grand-Vabre)

美しい川に囲まれた村
ロット川とドゥルドゥー川の合流点にある村。1993年、アヴェロン県花の村コンクールで優勝している。

〈アクセス〉
D901号線でグラン・ヴァーブルまで、コンクから6km、車で約7分。[閉じる]
ロット川とドゥルドゥー川の合流点にある村。1993年、アヴェロン県花の村コンクールで優勝している。〈アクセス〉 D901号線でグラ ...[すべてを表示]

テーマ
  • 自然公園・保護区域・庭園

グラン・ヴァーブル (Grand-Vabre)

Data
所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB
料 金
OPEN
CLOSE

ロデズ (Rodez)

所在地
電 話
05.65.75.76.77
FAX
05.65.75.76.77
MAIL
WEB
http://www.ot-rodez.fr

大聖堂の鐘塔は一見の価値あり
ロデズに着いてまず目に入るのは、13〜14世紀にかけて建造されたノートル・ダム大聖堂。レース状に積まれた赤砂岩が炎を思わせる鐘塔は、フランスで最も美しい鐘塔のひとつ。日が落ちると500個のプロジェクターでライトアップされ、美しい建築が目の前に広がる。大聖堂を出発点に、ロデズの古い町並みを散策してみては。

散策ルート「ロデズ旧市街(Vieux Rodez)」の矢印に沿って、エピスコパル宮殿、昔のイエズス会礼拝堂、メゾン・コロニアル、個人の邸宅、フナイユ博物館、ドニ・ピュエシュ美術館がある。

〈アクセス〉
D901号線でマルシヤック方面へ走り、サンシプリアン・シュル・ドゥルドゥー(St Cypien-sur-Dourdou)、ノーヴィアル(Nauviale)、マルシヤック・ヴァロン(Marcillac-Vallon)を経由し、ロデル着。コンクから38 km、車で約40分。

テーマ
  • 史跡・遺跡
  • 歴史的建造物
料 金
OPEN
CLOSE

フィジャック (Figeac)

所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB

貴重な文化遺産と共に中世を満喫
貴重な文化遺産に恵まれるフィジャックは、その歴史的価値を高める活動が実を結び、フランスの「芸術と歴史の街・地方(Villes et Pays d'art et d'histoire)」に指定された。簡素な住居、14世紀に建てたられた邸宅、クラシックな個人の邸宅などからは、12世紀から連綿と続く建築の歴史を満喫できる。19世紀に行われた大開発の際も、ここフィジャックにはほとんど手が入らず、中世の町並み、曲がりくねった小路、小さな広場が保存された。造幣局(hotel de la Monnaie)、ロゼッタストーンを解読したシャンポリオンの博物館(Musée Champollion)はぜひとも訪れたいスポット。

〈アクセス〉
ラニャック(Flagnac)、ポール・ダグレ(Port d’Agrès)を経由。コンクから44km、車で約50分。

テーマ
  • 史跡・遺跡
  • 歴史的建造物
料 金
OPEN
CLOSE

ラ・ヴィンゼル (La Vinzelle)

所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB

ロット渓谷のパノラマを一望
岩山に位置するラ・ヴインゼル村からは、ロット渓谷の絶景を見渡せる。なかでも板石の屋根はこの地域独特のものだ。

〈アクセス〉
コンクからD901号線でグラン・ヴァーブル経由、ロット川にかかる橋を渡って左へ1.5km走った後右折。車で約18分。

テーマ
  • 自然公園・保護区域・庭園
  • 歴史的建造物
料 金
OPEN
CLOSE

セネルグ (Senergues)

所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB

中世の建築に数多く残る村
セネルグはコンポステル巡礼路のコンクの前の中継点にある。方形の塔(1358年建造)、4つのシャトー、5つの教会・礼拝堂、花崗岩造りの家々など、一見の価値のある建築遺産に恵まれた村で、美しい国有林も旅人の目を楽しませてくれる。

〈アクセス〉
コンクからD42r号線でセネルグまで11km 、車で約10分

テーマ
  • 巡礼路
  • 歴史的建造物
料 金
OPEN
CLOSE

フォー博物館 (Le Musée Fau)

中世のコレクションを所蔵する修道院
中世の家具、17世紀のタペストリーなど、修道院と修道院付属教会のコレクションを展示。教会に隣接して建ち、館内での写真撮影は禁止。
ガイドつき見学:予約は観光案内所まで。ガイドつき見学は団体のみ、言語はフランス語、英語、スペイン語
[閉じる]
中世の家具、17世紀のタペストリーなど、修道院と修道院付属教会のコレクションを展示。教会に隣接して建ち、館内での写真撮影は禁止。ガ ...[すべてを表示]

テーマ
  • 史跡・遺跡
  • 歴史的建造物
[閉じる]
Data
所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB
料 金
大人6.20€、大人団体割引4.20€(10人以上)
学生、巡礼者、失業者4.20€
子供(7~16歳)2€
宝物館と博物館でチケット1枚
OPEN
4~9月:9:30~12:30/14:00~18:30
10~3月:10:00~12:00/14:00~18:00
CLOSE
1月1日、2月25日

フォー博物館 (Le Musée Fau)

Data
所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB
料 金
大人6.20€、大人団体割引4.20€(10人以上)
学生、巡礼者、失業者4.20€
子供(7~16歳)2€
宝物館と博物館でチケット1枚
OPEN
4~9月:9:30~12:30/14:00~18:30
10~3月:10:00~12:00/14:00~18:00
CLOSE
1月1日、2月25日

すべてのDataを見る

サンシプリアン・シュル・ドゥルドゥー (Saint-Cyprien-sur-Dourdou)

自然の中に建つ赤砂岩
緑の宝石箱のような自然の中に建つ赤砂岩の建物が印象的。賑やかなショッピングエリア、伝統の郷土料理を楽しめるレストランなど、さまざまなアクティビティを用意。

〈アクセス〉
D901号線に入りサンシプリアン・シュル・ドゥルドゥーまで6km。コンクから7 km、車で約9分。


[閉じる]
緑の宝石箱のような自然の中に建つ赤砂岩の建物が印象的。賑やかなショッピングエリア、伝統の郷土料理を楽しめるレストランなど、さまざま ...[すべてを表示]

テーマ
  • 自然公園・保護区域・庭園
  • 市場

サンシプリアン・シュル・ドゥルドゥー (Saint-Cyprien-sur-Dourdou)

Data
所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB
料 金
OPEN
CLOSE

ベルカステル (Belcastel)

所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB

フランス屈指の美しい村
緑豊かな丘の斜面に位置する中世の村ベルカステルは、10世紀以降、6つの塔を従える堅固な城砦に守られてきた村で、フランスで最も美しい村のひとつに数得られる。川沿いを城砦の麓まで散策すると、緑に囲まれた古い石橋、14世紀の教会、10世紀から13世紀にかけて建てられた石造りの家々など、美しい建造物に出合える。

〈アクセス〉
国道D901号線でマルシヤック方面へ進み、次にD962号線に入りサンクリストフ(St-Christophe)、グートラン(Goutrens)を経由してベルカストルまで。コンクから40km、車で約45分。

テーマ
  • 自然公園・保護区域・庭園
  • 歴史的建造物
料 金
OPEN
CLOSE

エスパリオン (Espalion)

所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB
http://www.ot-espalion.fr

羊が渡る世界遺産の橋
アヴェロン県の北西部に位置するエスパリオンは、中世の時代からサンジャック・ド・コンポステルの巡礼路の商業の中心地として栄え、多くの巡礼者を迎えてきた。貴重な文化遺産が多く、この地域の重要な観光名所となっている。なかでも有名なのがユネスコ世界遺産にも登録されている11世紀の橋「ポン・ヴィュー(pont vieux)」 。地域あげての大きなお祭りが開催される5月には、移牧される羊の群れがこの橋を渡る。ロット川沿いに並ぶ古い建物の多くはかつての皮なめし工場で、皮を洗うために川に下りる階段がある。ロマネスク芸術や赤砂岩のペルス教会も見どころ。一風変わったところでは、潜水服と民芸品の博物館がお薦め。アヴェロンの人々がダイビングに注ぐ情熱、地域の歴史と文化を伝える民芸品のコレクションを一度に楽しめる。

〈アクセス〉コンクから48km。2つのルートがあり、いずれも車で約50分。
①風光明媚なロット渓谷経由:グラン・ヴァーブル(Grand-Vabre)、アントレグ(Entraygues)、エスタン(Estaing)を通ってエスパリオンへ。
②マルシヤック経由:D920号線でマルシヤック(Marcillac)に入ってボズール(Bozouls)方面へ向かい、エスパリオンへ。

テーマ
  • 巡礼路
  • 歴史的建造物
料 金
OPEN
CLOSE

サント・フォワ修道院付属教会の階段席 (Les trinubes de l’abbatiale)

柱頭彫刻とステンドグラスを間近で
教会内の階段席に上がると、高くそびえるドーム、12世紀ロマネスク様式の柱頭彫刻を間近に眺め、時を超えた空間に身を置くことができる。階段席に上がるには観光案内所のガイドの同行が必要(12歳以上のみ)。5~9月(グランドコンサートのある夜以外)のシーズン中は夜も上ることができ、オルガン演奏とライトアップを楽しめる。ガイドつき見学なら、柱頭彫刻の解説を聞きながら、歴史と美術がかもし出す独特のムードを満喫できる(シーズン中の時間帯の問い合わせ、グループ予約は観光案内所まで)。ピエール・スーラージュ作のステンドグラスもじっくりと鑑賞できる。刻々と変化する色、ガラスのラインが美しい(団体の予約は観光案内所に問合せを。個人の場合は夏期と学校の休暇期間に限る。言語はフランス語、英語、スペイン語)。個人の旅行者向けに、人数を集めてガイドつき見学の依頼も可能。問い合わせは観光案内所まで。観光案内所には日本語の資料も用意されている。
[閉じる]
教会内の階段席に上がると、高くそびえるドーム、12世紀ロマネスク様式の柱頭彫刻を間近に眺め、時を超えた空間に身を置くことができる。 ...[すべてを表示]

テーマ
  • 芸術家ゆかりの地
  • 歴史的建造物
[閉じる]
Data
所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB
料 金
教会階段席のガイドつき見学45分:3.80€(12歳以上)
教会階段席の夜のガイドつき見学、オルガン演奏とライトアップつき:5€(12歳以上、観光シーズンのみ)
OPEN
CLOSE

サント・フォワ修道院付属教会の階段席 (Les trinubes de l’abbatiale)

Data
所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB
料 金
教会階段席のガイドつき見学45分:3.80€(12歳以上)
教会階段席の夜のガイドつき見学、オルガン演奏とライトアップつき:5€(12歳以上、観光シーズンのみ)
OPEN
CLOSE

すべてのDataを見る

サント・フォワ修道院付属教会 (L’abbatiale)

所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB

タンパンは必見
11世紀から12世紀にかけて建てられたロマネスク様式の教会で、ドームの頂部は22mにも達する。装飾もす素晴らしく、教会内には250の柱頭がある。見学のハイライトは「最後の審判」の図のタンパン(正面開口部アーチ部分の半円形の小壁)。多くの人物像、彫刻技術、制作当時のままの色彩が見る者を圧倒する。教会内での写真撮影も可。

ガイドつき見学:予約は観光案内所まで。ガイドつき見学はグループのみ、言語はフランス語、英語、スペイン語。教会と宝物館のガイドつき見学:大人8.70€、子供4€、教会のみのガイドつき見学:大人3.70€、子供2€

日本語のコンクに関する資料、タンパンの見取り図、ミディ・ピレネーの地図はインフォメーションでリクエストを。

テーマ
  • 歴史的建造物
Data
料 金
無料
OPEN
冬期:8:00~20:30、夏期:7:30~22:30
祈りと典礼時は入場不可(8:30、18:30、20:30、ミサは日曜11:00、平日8:00)
CLOSE

宝物館 (Le Tresor)

所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB

世界的に知られる聖女フォワの像
修道院の一翼にある宝物館には、コンクの修道士たちによって集められた中世初期の聖遺物が収蔵されている。なかでも有名なのは、9世紀に遡る聖女フォワの遺骨が納められた像。金彩が施され、宝石が散りばめられた像には、信仰心の証と同時に、中世に始まり現代に続く金銀細工の技を見ることができる。フランス革命時にもコンクの住民によって守り通されたこの宝物館は、収蔵品の規模でも、その質においてもフランス最高とされ、エクス・ラ・シャペル、ウィーン、ヴェニス、ローマの宝物館とともにヨーロッパ五大宝物館のひとつに数えられる。建物自体も歴史的建造物にも指定されており、美しいコレクションとその歴史に魅了されること間違いない。館内での写真撮影は禁止。
ガイドつき見学:予約は観光案内所まで。ガイドつき見学はグループのみ、言語はフランス語、英語、スペイン語

テーマ
  • 史跡・遺跡
  • 歴史的建造物
Data
料 金
大人 6.20€
大人団体割引4.20€(10人以上)
学生、巡礼者、失業者4.20€
子供(7~16歳)2€
宝物館と博物館でチケット1枚
サント・フォワ修道院付属教会と宝物館のガイドつき見学:8.70€
OPEN
4~9月:9:30~12:30/14:00~18:30
10~3月:10:00~12:00/14:00~18:00
CLOSE
1月1日、12月25日

ピエール・スーラージュ作ステンドグラス (Les vitraux de Pierre Soulages)

104枚のステンドグラスは圧巻
フランスの誇る芸術家・ピエール・スーラージュが、サント・フォア修道院付属教会のために制作した光の傑作。制作には7年以上の歳月と、技術の粋が凝らされている。1枚1枚デザインの異なるステンドグラスから差し込む光は、幻想的な雰囲気を醸し出している。ガイドつき見学では詳しい解説が聞ける。

[閉じる]
フランスの誇る芸術家・ピエール・スーラージュが、サント・フォア修道院付属教会のために制作した光の傑作。制作には7年以上の歳月と、技 ...[すべてを表示]

テーマ
  • 芸術家ゆかりの地
  • 歴史的建造物

ピエール・スーラージュ作ステンドグラス (Les vitraux de Pierre Soulages)

Data
所在地
電 話
FAX
MAIL
WEB
料 金
OPEN
CLOSE